読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

2回京都5日・東京5日・東京6日の馬券の反省

土曜日の京都メイン、京都新聞杯を勝ったのは実績通りプラチナムバレット。せっかく勝ったのに骨折でダービーに出られないのは残念。ダノンディスタンスが3着。ほぼデータ通りの決着。ここに書いた予想の通り買っておけば的中だったのに、サトノリュウガを軸にしたワイド流しに変更したので馬券は外れ。人気を見ておくならダノンディスタンスの複勝を買っておくべきだった。

土曜の東京のメイン、ダービートライアルのプリンシパルステークスはダイワキャグニーが楽勝。抜け出すときの脚はすばらしかった。レッドローゼスが2着で予想も馬券も的中。ダイワキャグニーは単勝1番人気ではあったが思ったほど支持率は高くなく、見た時点では4倍台だったので単勝を買った。レッドローゼスが2番人気に支持されたのも意外だったが、オッズを見る前にワイドを購入したので無事的中した。

しかし1分58秒3という勝ちタイムはどうなんだろう。速すぎじゃないか。ダービーまで中2週しかないので、反動が心配。思ったより成長度が低いという話も聞いたし、本番で買うことはまずないだろう。

日曜日の東京メイン、NHKマイルカップ牝馬のアエロリットが先行して抜け出し余裕の勝利。実績のわりに人気になりすぎていると感じたが、実力の裏付けがあったようだ。血統もここ数年の傾向の通りだった。これで2年連続で牝馬が勝ったことになる。2着にも牝馬のリエノテソーロで、これはノーマークだった。3着に残ったボンセルヴィーソを含め、上位は前の方にいた馬が占めた。狙ったレッドアンシェルは後方から。4コーナーで内に潜り込むことを期待したが、そういう展開にはならなかった。外を回った距離のロスが響いて惜しい4着。今年も的中はならず。皐月賞組のアウトライアーズもプラチナヴォイスも出番はなかった。軽視した2着馬・3着馬にやられた格好だが、馬券の買い方としては間違っていなかったと思う。