悔いのない人生 悔いのない馬券

競馬予想の思考過程の備忘録として

2回東京5日11Rプリンシパルステークスの予想

一応ダービートライアルだけど、ダービー本番とは関連が薄い東京芝2000mのレース。スピルバーグとかアンビシャスとか、その後の活躍馬はそれなりに出ているから存在意義がないわけじゃないけど。以前は2200mだったのに短縮されたのは、京都新聞杯が2200mになったのとバランスを取るためかもしれないが、ますますダービーを遠ざけているような気がする。

今年は12頭立てで、そのうち半数が(地方競馬所属の馬を含め)JRAでの勝ち星が1勝以下という低調なメンバー。弥生賞でも人気を集めた8番ダイワキャグニーに支持が集中するだろう。ダービーに出てそこそこ勝負になりそうなのはこの馬ぐらいなので、ぜひ勝って優先出走権を得てほしいところ。しかし馬券としての妙味はないので、より人気の薄いところを探したい。

ここ5年間で3頭が馬券圏内に来ている山藤賞から、今年も勝ち馬レッドローゼス(1番)が駒を進めている。と言っても、山藤賞も今年から条件が変わり、200m短縮されて1800mになったので、あてにならないかもしれないが……。その山藤賞のタイム1分48秒9は、前の週の1000万下野島崎特別のトウカイシェーン1分49秒1も、その前の開催の1600万下スピカステークスのワンブレスアウェイ1分49秒0も上回り、2回・3回中山の芝1800mでは4番目の好タイム。これを上回るのは中山記念スプリングステークスフラワーカップでいずれも重賞だから、ここでも十分勝負になると考えていいだろう。勝ちっぷりを見ても、外を回っての楽勝だった。相手は弱かっただろうから、ちょっとホウオウパフュームを思わせるのが難だが……。オッズ次第だが、この馬の単複と、3番エトルディーニュとのワイドを買ってみたい。