読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

1回東京7日7Rの予想

古馬500万下の芝1800mに16頭立て。2勝馬すなわちこのクラスを既に勝ったことのあるのが3番クワトロガッツと11番ストーミングの2頭だけ。さらに、前走で3着以内に入っているのもストーミングと16番コスモピクシスの2頭だけという低レベルの争いだ。

最近注目している競馬予想ブログ「真摯に競馬で勝つ予想を考える」の明日の予想を見て、乗っかろうと決めた。

狙いは9番アルスフェルト。祖母がオリエンタルアートで、ドリームジャーニーオルフェーヴル兄弟の姪にあたる。上記ブログでも、未勝利脱出時に現1600万下のミエノサクシードを3馬身ちぎったことに触れているが、このときの勝ち時計も出色。開催初日とはいえ、3歳未勝利戦で芝1800mを1分46秒9というのはすごい。翌日の平場1000万下アウトオブシャドウより0秒2速い。よほどのことがなければ500万下はすぐに卒業できるはず。その次の昇級初戦では1分49秒1という平凡なタイムで2着に敗れてはいるが……。しかし東京の芝1800mでは100%の連対率を誇る(2戦しかしていないが)。外枠から先行してのびのび走るのがよさそうなタイプで、5枠9番というのはまずまずだろう。単複とストーミングへのワイドでもそこそこの配当になるはず。

オグリキャップの番組(見てない)

周囲で『プロフェッショナル・仕事の流儀』のオグリキャップ特集がそこそこ話題になっていた。残念ながら見てないので何も語ることはないのだが、「オグリキャップまで「格差」を語る材料にされてしまうのか……」というブログ記事を読んで思うところはあった。

岡部幸雄元騎手が、オグリキャップのことを「大レースでも、いつも通り、淡々と仕事をする馬だった」と振り返っていた。

周囲の人はあんなに興奮していたのに。

ここだ。あの精神力の強さというのはどこから来ていたのだろうか。受け継ぐ馬は現れるのだろうか。現役で走っている馬の中では、1000万下でそこそこ走っているストリートキャップの血統表で母の父オグリキャップの名を見かけるぐらいだが、気性は母から伝わるという話もあるし、血脈を継ぐ馬に期待するのは難しそうだ。

オグリキャップを乗りこなせなかった2人の騎手のことも思い出す。

大ベテラン増沢末夫天皇賞(秋)6着、ジャパンカップ11着だった。追える騎手ではなかったし、乗る前からダメだろうと思っていて案の定だったが、引退レースでの劇的な勝利の伏線を張ったという面は功績として評価できるかも。

その前の宝塚記念オサイチジョージを捉えきれなかった岡潤一郎は若くして不運な落馬事故で亡くなってしまったが、翌年のエリザベス女王杯リンデンリリーで勝って汚名をいくらか返上したことになるのかなあ。先ごろ京成杯を勝ったコマノインパルスの3代母で、血統表の中に名前を見つけて懐かしかった。その宝塚記念での敗因は、手前を替えるよう鞍上がしっかり指示できていなかったことだと武豊が岡に指摘したという記事をどこかで読んだ記憶がある。名馬といえども乗り役によっては能力を発揮できない場合もあるんだということを認識させられたレースだった。

1回東京6日の反省

共同通信杯のラップタイムは 12.6 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.7 となって、通常は11秒を切ることもあって一番速くなる2ハロン目が速くならず、平均ペースで流れた。過去5年のレースと比べると、最初の3ハロンイスラボニータの勝ったレースと似ているが、その時はその後が緩んだのに対して、今年はそれほど遅くならなかったので、より持久力が問われるレースになったと言えるのではないか。

流れを読んで今までより前に位置したスワーヴリチャードがしっかりした末脚で突き抜けた。エトルディーニュも前のほうにいて、非常なしぶとさを発揮して2着。ムーヴザワールドも位置取りは悪くなかったと思うが、差し比べでは直線でフラフラする場面もあり見劣って3着。

ここに書いた通りの馬券を買っていればワイド2点が当たっていたのだが、別の用事があって馬券を買えなかったのが心残り。

最終レースは、ペガサスボスとナヴィオンが後続を引き離した叩き合いになり、順調に使われてきたペガサスボスが勝った。ダイワスキャンプは別に何の不利もなかったが8着。

京都記念サトノクラウンが連覇。マカヒキサトノクラウンを見る位置取りで、直線では突き抜ける脚いろに見えたが、結局スマートレイアーにも差し返されて3着。久々で息がもたなかったのと道悪のせいかな。4コーナーでは一瞬の瞬発力も見せたので、この後は心配いらないと思う。

1回東京6日12Rの予想

この時期には貴重な平場の1000万下芝1600m戦に12頭立て。

3歳重賞で勝ち馬からタイム差なしの入着歴があるナヴィオンが屈腱炎から1年7か月ぶりに復帰する舞台になった。息ができていればこの馬で断然だろうが、判断がつかない。

狙ってみたいのは、11番ダイワスキャンプ。前走は3コーナーあたりでペースが緩んだ際に引っかかって前の馬に突っかかりそうになったり、直線でもずっと前が壁になっていてまともに追えず、まったく力を発揮できていない。それで0秒9差なのだから、距離短縮して外枠でのびのび走れる今回は大化けして3着があってもおかしくないだろう。このクラスに昇級した初戦の新潟でトーセンデュークの2着があるし、実力はある。11番の複勝と、ワイド流しで9番ペガサスボスと3番ナヴィオンへ。

第51回共同通信杯の予想

この5年のうち4年の連対馬がクラシックのタイトルをとっている重要なレースで注目度も高い。しかし今年は11頭立てと比較的少頭数になった……と思ったら、ここ5年で最も出走が多かったのが2014年イスラボニータが勝ったレースで14頭。去年は10頭。今年がことさら少ないわけではない。重要なレースだとわかっていても、冬場のこの時期に出走させるのはなかなか難しいのかもしれない。

少頭数らしく2012年からの3年間は前半スローで後半3ハロンが33秒台といういわゆる上がりの競馬になる傾向が顕著だった。ところが、一昨年リアルスティールが勝ったレース(2着にドゥラメンテ)と去年ディーマジェスティが勝ったレースは前半3ハロンが35秒台で、後半3ハロンは34秒5と35秒6となっていて、ペースが速くなる方向に変化している感じがする。クラシックへの登竜門という特性を意識する陣営が増えて、厳しいレースになる蓋然性が高まっているのではないだろうか。この場合ポイントは最初の3ハロン目のラップタイムで、ここが11秒台になると先行馬が楽をできない厳しいレースになる。

これまでにそういったペースを経験して上位に来たことのある馬が有利と考えられる。 人気の1番スワーヴリチャードと4番ムーヴザワールドが出走していた昨年11月の東京スポーツ杯2歳ステークスがこれに近いラップだった。ムーヴザワールドはデビュー戦も3ハロン目は12秒1と比較的速かった。2013年メイケイペガスターが勝ったときのラップに近く、勝ち時計も1分47秒8とかなり速い。デビュー戦でこれならかなり強い。人気でも外せないだろう。スワーヴリチャードとの比較では、今回はムーヴザワールドを上位に見たい。

人気薄の中では、8番エトルディーニュの前走セントポーリア賞が先行馬には厳しいレースだった。3番手から2着に粘り込んだこの馬も評価できる。というより、勝ったダイワキャグニーの実力を測るレースになるかもしれない。この馬自身は、これまで8戦して1勝のみでクラシックを勝つのは厳しいだろうが、堅実に走っていてすべて5着以内。ここでも馬券圏内に入っておかしくない。スワーヴリチャードとムーヴザワールドへのワイドに加えて、3連単の3着に固定で買っておくかなあ。

1回東京3日の反省:追い込んで届かない馬をどう扱うか

9Rゆりかもめ賞を勝ったのは、戸崎騎乗のダノンキングダム。ハナを切って途中からマイネルラプティスが絡んできそうになったら先に行かせて最後また盛り返すという、まさに主導権を握ったレース。 期待したムーンザムーンはこのゆったりしたペースをかなり後ろから。上がり3Fを34秒4という最速を記録する追い込みを見せたが4着まで。懸念したように届かなかった。次もそこそこ人気にはなるだろうが、狙いづらい馬になってしまった。

続く10R箱根特別もなぜか同じ芝2400mのレース。こちらは4歳以上1000万下の14頭立て。ここにもコルコバードという、いい脚で追い込んで届かないことが多い人気馬が出ていた。今度は戸崎がこっちに乗っている。

タイトルに「追い込んで届かない馬をどう扱うか」と書いたが、結論はすでに出ている。「できるだけ買わない」。これしかない。先に行ける馬が展開上有利なのは当然だし、同じ顔ぶれで複数回走ったとしたら、強そうな追い込み馬より弱そうな先行馬のほうが勝つ回数は多いかもしれない。

コルコバードにはスタート直後にはさまれる感じで後ろからになったという不運もあった。しかし、脚質を追い込みと規定すればそういう不運を受ける可能性も高まってしまう。 逃げて勝ったサトノエトワールは終始シャクンタラーにつつかれる厳しい展開に見えたが実は余力があったのか、最後はいい脚を長く使っていた。菊花賞で長い距離をラビット役として酷使された影響は心配するほどではなかったのか。単勝を握っていたのでほっとした。

1回東京3日9Rゆりかもめ賞の予想

年が明けてから、じっくり検討してブログに書くゆとりがなくなってしまって、ずいぶん間が空いてしまった。1月が終わり、田辺がリーディング首位にいるという事態。今年を飛躍の年にしてほしいなあ。あと大野。

さて、3歳500万下の芝2400m戦はわりと素質馬がそろうレースになっていて、一昨年は1着ラングレー2着ゴールドアクター、去年は1着ヴェラヴァルスター2着タンタアレグリア5着ポトマックリバーとその後も活躍している馬がこのレースに出ており、たとえ馬券を取れなくてもしっかり予想をして記憶にとどめておきたいレースだ。

とはいっても今年は8頭立て。この中からその後の活躍馬が出るかどうかすら怪しい感じになってしまった。人気は4番レジェンドセラーだが、4戦して馬券圏外に落ちたことがなく安定しているのはいいとしても、その間ずっと1番人気なのに1勝止まりだしレースぶりを見ても福島であっさり差し切られてしまったりして、そんなに強くない印象。

注目しているのは2番ムーンザムーン。父はマイラーだったローエングリンだけど、これまでのレースぶりからは距離が延びていい感じだし、そもそもローエングリンサドラーズウェルズ系で父はジャパンカップほか2400mのG1を勝っているシングスピールだから心配ないだろう。牝系は3代母スイートコンコルドシンボリルドルフの全姉で、トウショウボーイサンデーサイレンスが入っていて、なんか府中2400mに合いそうだ。適当だけど。府中1800mでの未勝利勝ちが鮮やかで、昇級初戦の前走も上がり3ハロンが2番目で惜しいレースだった。問題は、この手のいい脚で追い込んで届かなかった馬は、えてして同じ脚をそう何度も使えないということだ。しかしこの顔ぶれなら届くはず。

他に気になるのは、5番ザモンゴメリー。未勝利を脱しての昇級初戦になるが、前走はナムラマルとともに後続を7馬身ちぎっていた。ここでも通用するだろう。あと、レースセンスがありそうな7番アーザムブルー。これにレジェンドセラーを加えた4頭の3連複ボックスでどうだろう。