悔いのない人生 悔いのない馬券

競馬予想の思考過程の備忘録として

第22回マーメイドステークスの予想—特異な連動性

日曜日のマーメイドステークスの予想もしておこう。阪神芝2000mで行われる牝馬のハンデ重賞。

かなり特異な傾向を持つレースで、とにかく格下馬の活躍が目立つ。特にローテーション面でも目を引くのが、前走で京都の1600万下パールステークスを使っていた馬。ここ5年の上位15頭のうち、なんと5頭を前走パールS組が占めている。オープンでもない1600万下なのに勝っている必要すらない。昨年のマーメイドS勝ち馬リラヴァティこそパールSを勝っていたが、昨年2着のヒルノマテーラが4着、2015年勝ち馬のシャトーブランシュ4着、2014年勝ち馬のディアデラマドレ2着、2012年3着のメルヴェイユドールなんか7着である。どうなっているんだ。

今年の出走馬のうち前走でパールSを使っていたのは4頭いる。この中のどれかは3分の1の確率で馬券になるわけだ(ん、何か変だな……)。

となると、狙いは8番ローズウィスパーだろう。前走パールステークスはミエノサクシードから0秒7差の7着。その前は今回と同じ阪神芝2000mでの1000万下四国新聞杯で、素質馬ヴァフラームを退けて、小倉芝2000mからの連勝をキメている。短い直線での追い込みが得意なのかな。四国新聞杯はしんがり追走で届きそうもない位置から差し切った脚が鮮やかだった。うまい具合に進路が開いてラッキーだった面はあるが。ここでも3着以内に入る可能性は十分あると思う。