悔いのない人生 悔いのない馬券

競馬予想の思考過程の備忘録として

第84回東京優駿の展望(金曜版)

今日はタイトルを日本ダービーではなく東京優駿にしてみた。皐月賞上位馬の検討をしていく。

2着のペルシアンナイト。皐月賞のときも高く評価して単勝を買ったしワイドの買い目にも入れていたので今回も買うつもり。単勝にするかどうかは微妙だ。皐月賞の後は消耗が大きかったという陣営のコメントが気になる。そういえば、皐月賞ではアルアインが馬番11でこの馬が7だったのが、ダービーでは入れ替わっているのがおもしろいところ。だからどうだというわけではないけど……。またセブンイレブンいい気分馬券になるな。

3着ダンビュライトは、皐月賞のときはまったく考慮していなかったが、改めてレースを見ると、同じ3着とはいえ、その前の2走では前を抜けず後ろから来た馬には抜かれるという、弱さしか感じさせないレースぶりだったのに、打って変わってゴール前では先を行く馬を追い詰めつつ後ろを引き離す感じで成長が見て取れた。ちょっと怖い。

5着レイデオロも皐月賞はぶっつけ本番なので検討すらしていなかったが、末脚はいいね。葉牡丹賞ホープフルステークスともにレースのレベルには疑問も感じるけどこの馬もけっこう強いと思う。3着以内なら十分ありそう。しかし人気には見合わないかな。

6着スワーヴリチャード。大崩れしたことがないけど、ぴりっとした強さを感じさせたこともないというイメージで、コース取りとかがうまくいけば馬券圏内はあるだろうな、という印象。

現時点の結論としては、池江厩舎の2頭(アルアインペルシアンナイト)が単勝候補。アドミラブルをヒモに加えて馬単のフォーメーション4通り。3連系で皐月賞4着までの残り2頭を加えてフォーメーション、ええと何通りだっけ。という感じの馬券を明日中に買っておいて、当日テレビのパドックを見て買い足すという感じの馬券にしようと思う。