読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

第78回優駿牝馬の予想

馬券がダメだった京王杯スプリングカップヴィクトリアカップの反省をしないうちに次の週の競馬が始まってしまった。今日のメイステークスも、いつも出たら買っているナスノセイカンがオープン特別で絶好の舞台と思っていつもより多めに買ったら伸びず6着どまり。うーん。

さて、優駿牝馬すなわちオークスの予想を。

ここ5年のオークスと同年の桜花賞のラップタイムを比較して考えてみた。今年の桜花賞は馬場状態が稍重で特殊だが、3ハロン目が2ハロン目に比べてそれほど落ちていない(今年は2ハロン目10秒9に対して3ハロン目11秒1)という点と、最後の2ハロンはそれとは逆に落差が大きい(11秒9から12秒8)という点に着目すると、似たパターンだったのが2013年桜花賞。ハイペースの消耗戦というわけで、勝ったのはアユサン。この年のオークスは、桜花賞では最後の直線で脱落して10着だったメイショウマンボが勝ち、2着と3着にはフローラステークスから臨んだエバーブロッサムとデニムアンドルビーが入った。桜花賞上位組は、アユサンが4着に入った以外は、レッドオーヴァル、プリンセスジャック、クロフネサプライズローブティサージュのいずれも惨敗している。

ここから浮かび上がる仮説は、

  • 桜花賞が厳しい闘いだったので、よほど力が突出した馬でなければ桜花賞上位馬がオークスでも上位には来ない。
  • 桜花賞で闘いに参加していなかった馬か、別路線から向かった馬が有利。

といったところだろう。

産駒の成績が尻すぼみで実はそんなに大した種牡馬ではなかったという説すら出てきたフランケルの娘2番ソウルスターリングが前日の時点で単勝2倍台の1番人気。これは意外だが、実際の力はどうなんだろう。桜花賞でそこそこがんばったのがむしろマイナス材料、少なくとも人気には見合わないと思うので、積極的には買わない。14番リスグラシューも同じ。

逆に、勝った13番レーヌミノルは、突出しているとまで言えるかどうかはわからないが、アユサン級の力があるなら3着以内に来る可能性はある。このままさほど人気が集まらないようなら買う価値はあるだろう。

桜花賞でほとんど闘いに参加しなかった馬といえば、うんこしていた16番アドマイヤミヤビ。プリンシパルステークスでのダイワキャグニーと同様に、良績を挙げている東京コースに戻るので、人気でも買うつもり。

別路線組ではやはりフローラステークスだろう。勝った1番モズカッチャンと幸運にも抽選を通った11番レッドコルディスの伸び脚がよかったので、この2頭をピックアップ。ここまでに挙げた4頭のうちから2頭軸でワイド6点を買うつもり。単勝はアドマイヤミヤビ。