読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

第24回テレビ東京杯青葉賞の予想(枠順決定前)

ダービー本番に結びつかないことで有名なダービートライアル。例によってJRA公式サイトでのデータ分析を参考にする。

そこで示されている条件は次の通り。

  • 前走で1・2番人気
  • 過去4走で2勝以上
  • 過去3走以内で芝2000m以上に3回または2回出走
  • 前走で芝2200m以上の500万下で3着以内

これらすべてに当てはまるのが、ゆりかもめ賞の勝者ダノンキングダム。 3つ当てはまるのが、アドマイヤウイナー(大寒桜賞)、アドミラブル(アザレア賞)、イブキ(水仙賞)、ポポカテペトルゆきやなぎ賞)の4頭。どれもダービー本番では凡走しそうで、逆に言うとここではチャンスがありそうなイメージ。

以上の5頭が通過した500万下のレースの頭数は、水仙賞の10頭が最多で、あとはすべて8頭立てだった。少頭数でゆるい流れのレースが多かったわけだ。今年のクラシック戦線は勢力が分散しているのと、そのこととも関連するがきつい流れを経験する機会があまりなく、結果として弱い相手に鮮やかな勝ち方をして人気を集めた馬がころっと負けるという傾向があるように思う。青葉賞も、大きな着差をつけて圧勝したことのあるアドミラブルが人気になりそうだが、厳しいレースを経験していない以上、ここで苦戦してもおかしくない。

ただし、アドマイヤウイナーが勝った大寒桜賞は少し様相を異にするかもしれない。1ハロン12秒前後のゆるみのないペースで大逃げを打ったブラックジェイドを自らつかまえに行って差し切り、3着以下には5馬身以上の差をつけたもの。こういう勝ち方ができる馬は強い。勝ち時計2分13秒6は、同日の古馬500万下フォンスの2分15秒2や翌日の古馬1000万下熊野特別パフォーマプロミスの2分15秒9を大きく上回って優秀。大寒桜賞の勝ち馬はこれまで4年連続して青葉賞で3着以内に入っている。今年も期待できそうだ。複勝なら万全か。