読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

第31回中日スポーツ賞ファルコンステークスの予想

中山記念の反省もしないうちに前回の更新から1か月近く経ってしまった。

3日開催の中京初日のメインは芝1400mの3歳G3ファルコンステークス。去年は尾花栗毛の美しいトウショウドラフタが勝って単勝をいただいた印象深いレース。今年もがんばりたい。

ジョーカプチーノ産駒が2頭も出走していたり、1400mという非根幹距離で実績のある馬も複数いたりして興味深い顔ぶれがそろった。狙ってみたいのは6番レジーナフォルテ。まだ1勝馬なので、ここでそこそこ好走して次は人気で500万下を卒業、というのが一番ありそうなシナリオだけど……。先に行く馬としては、この馬の他に朝日杯フューチュリティステークスで3着に踏ん張った10番ボンセルヴィーソが強そうだが、この2頭はどちらもハナにこだわる必要がないタイプのようだ。意外とペースは落ち着くかもしれない。

レジーナフォルテは、この舞台で通用するかは別として、いろんな面で魅力を感じる。 血統も牝系がチヨダマサコにつながる名門で、近親のエーシンホワイティが2010年の(1200mだった時代の)ファルコンステークスを勝っている。 未勝利を脱出したのは新潟の芝1000m戦だったが、これが2歳レコードで同開催の古馬500万下のタイムを上回っていた。 距離延長の前走、東京の500万下芝1400m春菜賞は7着だが、勝ち馬からは0秒3差だし内容も高く評価できる。2ハロン目こそ11秒4でそれほど速くなかったが、アピールバイオと競る形でずっと11秒台が続く厳しいラップを刻み、併走馬を競り落として逃げ切るかと思われたところを差し馬勢に飲み込まれたもの。ハナを切らなかったクリスマスローズステークスでも割といい脚を使っていたし、条件が合えばこの先も活躍できそう。複勝とナイトバナレットへのワイドを買っておく。