読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

2回中山1日9R水仙賞の予想

今開催から本格的な春競馬が始まるので、ギア(=賭け金)を上げていきたい。

中山の9R水仙賞は3歳500万下の芝2200m戦。ここを勝った馬がダービーで惑星的存在として注目を集めることもある伝統の一戦(というほどではないな)。今年は10頭立て。10頭とはいっても、中央未勝利馬が3頭いるので実質7頭の争いだろう。

2番サトノクロニクルは、ダービー2着・京都新聞杯勝ちのサトノラーゼンの半弟。デビュー戦も人気を集めたが出足が鈍く後方からのレースになり、上がり3ハロン最速で追い込んだが2着。前走の未勝利戦はうってかわって行きっぷりよく、大外から好位の外を進み楽勝。人気でも外せないだろう。道中はちょっと頭の高いフォームが気になったが、直線で追われてからはそんなに気にならなかった。

前走で狙って4着どまりだったムーンザムーンも出ている(6番)。しかし開幕週の中山なので同じ競馬をしては届かない可能性が高い。今回は人気だろうし積極的には買わない。

5番イブキは(なぜマイカグラが続かないのか解せない馬名だが)前走の京成杯でしんがり負け。新馬戦あるいは未勝利戦の勝ちタイムが1分50秒を切ったのがこの馬だけなので、比較すれば能力は高いのだと思うが、前走の敗因がわからないので買わない。

8番ワンダープチュックはこれまで6戦しているが強敵相手でも着外なしと健闘してきた。前走は最初鞍上との意思疎通がうまくいかない仕草が見られて後方からだったが、3コーナーあたりから強引にまくっていき直線入ったところで先頭、最後は息切れして内を勝ち馬にすくわれて2着というチグハグな競馬。蛯名に替わってスムーズなら3着以内はあるだろう。

ほかに狙いたいのは、4番アダマンティン。もどかしい競馬を続けているスターファセットの半弟。前走は未勝利を脱した直後に強気に京成杯に挑戦、9着に終わったが勝ち馬から0秒6差なので悪くない。未勝利脱出時には中山の多頭数を内枠で揉まれるレースを経験済みで、馬群をさばいた力強さは評価できる。京成杯でもやっぱり直線で前が詰まって追いづらい場面があり、さすがに重賞では顔ぶれが違って割って出ることはできなかったが、ここなら可能だろう。このまま5番人気ぐらいで落ち着くなら買ってみたい。

馬券は、4番の単勝馬単2-4, 4-2,3連複2-4-8, 2-6-8の5通りでどうだろう。