読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

第36回ジャパンカップの予想

ホーリックスオグリキャップの2-2で2分22秒2、当時のレコードタイムが出たときが初めて見たジャパンカップ。 最近では一番の衝撃はやっぱエピファネイアの圧勝かな。 外国の一流馬が来ないから意義が薄れたという意見を今年は例年以上によく見かける気がするが、極端なスローペースにならず締まった好レースになることが多いと思うので、国内最高峰としての意義はまだまだ大きいはず。それに満足していていいのか、という疑問は残るが……。

国内最高峰であれば国内最強馬が勝つべきだろう。 というわけで単勝を買うのは3番ゴールドアクター。 2番手集団として1番キタサンブラック、9番ディーマジェスティ、16番リアルスティール

牝馬で意外な活躍をした馬としてデニムアンドルビーがいて、そのイメージが重なるのが今年は2番ビッシュとされているようだ。しかし、デニムアンドルビーがその年の3歳クラシックでトライアル(的な)重賞を2勝していたのに対してビッシュは1勝のみ。スケール感でやや見劣りがする。むしろ4番ルージュバックのほうに好走の期待が持てるのではないか。もちろん、年齢が1つ上なので斤量の有利さはなくなってしまったが。天皇賞では見せ場なくズルズルしんがり近くまで落ちるかと思ったけど最後ちょろっと伸びて7着。1kg減になるのでそれよりは上の着順になってもおかしくないだろう。

3歳馬では、菊花賞ディーマジェスティに先着した14番レインボーラインも気になる。今年もう7戦もしているので評価は下げたが。

というわけで3連単でこの6頭のフォーメーションで。

しかし外国馬もちょっと気になるな……。イキートスとイラプト。うーん。