読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

ウィナーズサークル死す

平成元年のダービー馬、ウィナーズサークルが死んだというニュースを見てまず驚いたのは、まだ生きていたという事実にだった。30歳だから大往生だろう。

あの時のダービーは現地で見ていて、大外から3着に突っ込んできたサーペンアップの脚に驚いたものだった。冷静に振り返れば、あそこで勝てる可能性が一番高いのはウィナーズサークルとしか思えないのに、たしか騎乗停止中だった岡部が「一番乗ってみたいのはロングシンホニー」なんてスポーツ新聞のコラムに書いたこともあり、同馬が1番人気に祭り上げられたのだった。2番人気が柴田政人マイネルブレーブ。僕はその頃「ジリ脚」という言葉を覚えたばかりで、2着の多いウィナーズサークルのことを侮って馬券は取れなかった。しかしいい名前だった。