読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しい日々

平日は証券取引所と対峙する合間に仕事、週末は競馬で忙しい日々の様子を綴ります

第154回天皇賞(秋)の反省

モーリスが2着リアルスティールに1馬身半差をつける快勝。狙ったステファノスは後方にいて、リアルスティールと並ぶ最速の上がり(3F33秒5)で追い込んだが3着どまり。結局格上のG1馬が勝つという結末になった。 エイシンヒカリがパドックからうるさくて、先…

第154回天皇賞(秋)の予想

重賞かどうかにかかわらず、レースの格というのを重視する傾向があることは自分でも認識していて、そこからの当然の帰結として、初めてG1を勝つといったケースに対応できないことが多い。たとえば、2年前にこのレースを勝ったスピルバーグなんかは、どうあっ…

4回東京4日・4回京都5日の反省

土曜日の東京7Rは、「プラスになるように」と書いたが、そもそも軸馬が上位に来なければプラスになりようがない……。 人気の盲点を狙ったつもりのウェルブレッドは最終的に1番人気になり、あまり見せ場もなく0秒7差の6着。 本当の人気の盲点は、1000万下でも…

第21回秋華賞の予想

秋華賞は例年ローズS組が圧倒的に強いが、レース間隔とコース形態の関連から必然的にそうなっているものだと思っていた。今年は紫苑Sが重賞に格上げになったことで傾向が変わるかもしれないという声もあるが、間隔とコースは変わっていないわけなのでどうだ…

4回東京4日7Rの予想

500万下の芝2000mに15頭立て。今日のレースの中で予想が一番簡単そうなのがこれ。 狙いは鞍上にルメールを配した14番ウェルブレッド。このクラスでは、2走前に1600mだが同じ府中で勝っているし、その前は府中の2400mで実力馬マイネルカレッツァやデバイスド…

京都大賞典の反省

大方の予想通りヤマカツライデンが逃げ、キタサンブラックが2番手につけて1000m通過が1分2秒0のスローペース。ラブリーデイ、アドマイヤデウスは好位、サウンズオブアースは後方から末脚を試すレースか。ラブリーデイとアドマイヤデウスの叩き合いは岩田アド…

勝ち切れない馬の扱い(京都大賞典の予想)

本ブログでも何度か、実力はあるのに勝ち切れない馬をどう馬券にするか悩むと書いているが、明日の京都大賞典にもそういう馬が出てくる。 サウンズオブアース。菊花賞、有馬記念のG1だけじゃなくてG2の京都新聞杯、神戸新聞杯、日経賞、京都大賞典といった前…

4回東京1日・2日の反省

土曜日の山中湖特別は、テレビ中継を見ていてデルフィーノがパドックでは一番よく見えたので単勝とワイドの軸にして買った。3番手からうまく流れに乗ったが、出遅れて最後方からきたクインズミラーグロにあっさり交わされて2着。アースプレイが坂を上り切っ…

4回東京2日9R六社特別の予想

1000万下芝1600mに13頭立て。今週は府中だけでも1000万下の芝で2400m(本栖湖特別)・1800mの牝馬限定戦(山中湖特別)・1600mの本レースの3つが組まれ、さらに京都でも1400m(久多特別)は短距離だからちょっとカテゴリーは違うとしても、1800mの清滝特別も…

4回東京1日9R山中湖特別の予想

1000万円以下の牝馬限定芝1800mに11頭。この階級をなかなか勝ち抜けない馬が多い。 現級勝ちがあるのは8番バンゴール。3走前にこのクラスで同距離の石和特別を牡馬相手に楽勝しているが、その後も同じクラスで2戦連続3着。大崩れもしないので切ることはでき…

先週の競馬の反省

今更だけど先週の振り返りを。 凱旋門賞でのマカヒキの惨敗は残念としか言いようがなかった。キズナよりは強いと思うんだけど……。予想も、3歳馬に絞った時点で負け。レーティングの高い順からボックス買いで的中させた人がいたようなので、今度からはそれを…

凱旋門賞の予想

マカヒキが日本競馬で初めて凱旋門賞を勝つ可能性があるということで、The Guardianでも記事になっている。 初めて海外競馬の馬券をJRAが発売するという記念碑的な日でもあり、むしろ配当がどうなるかに注目している。マカヒキが勝つと本気で思っている人は…

4回阪神8日9R兵庫特別の予想

1000万下の阪神芝2400mハンデ戦で13頭立て。 トップハンデは4歳牡馬の9番デンコウインパルスで57kgを課せられている。4月に同条件の現級勝ちを果たし、その後3戦して3,5,7着と着順は落としているがまずまず堅実に走っている。斤量で目を引くのは5番のエア…

4回中山7日10R習志野特別の予想

1000万下の中山芝2000mに13頭。しかし未勝利馬が2頭出走している。いくらなんでも2階級上に出させるのは無謀だろう。邪魔でしかない。 中心は1番ストレンジクォーク。中山では現級1000万下の富里特別を含め3勝、2着2回。ここ3戦は1600万下で2回連続2着のあと…

4回阪神7日7Rの予想

500万下の阪神芝2000mに18頭。しかしそのうち4頭はまだ勝利経験がなく、実質14頭立て、いや、このクラスですでに頭打ちの成績の馬もいるから、馬券候補を半分ぐらいまで絞るのは簡単だろう。 馬体と雰囲気のよさ、プラス馬名のおもしろさで1番シャケトラ(牡…

4回阪神・4回中山6日の反省

神戸新聞杯はサトノダイヤモンドが完勝……だと思うがミッキーロケットが意外に強くて接戦になった。カフジプリンスもレッドエルディストにアタマ差まで迫るきわどい4着。ローテーション仮説敗れたり。ミッキーロケットがここまで走ると思っていなかったので3…

第62回産経賞オールカマーの予想

オールカマーというと、地方交流重賞のG3でロジータが参戦したりしたレースという印象が強い。G1馬のオグリキャップが出走して賞金を拾いにきたと批判を受けたり。でも、今は堂々たるG1馬も普通のステップレースとして使うちゃんとしたG2なのだった。 ゴール…

第64回神戸新聞杯の予想

2ちゃんねるの競馬板をまとめたサイトを見ていると、神戸新聞杯のことを「ナリタブライアンがスターマンに負けたレース」として記憶している人がけっこういるらしい。どんだけ平均年齢高いんだよ、と思うが、その気持ちはわからないでもない。でも菊花賞への…

4回中山・4回阪神5日の反省

中山9R九十九里特別は、大外れ。3歳馬の中で通用すると思ったアルカサルが9着で一番悪かった。メゾンリーがテレビ画面ではよく見えたので、予定を変更してフォワードカフェからのワイド流しの相手に付け足したが、むしろ軸をこちらに移すべきだった。3着。フ…

4回中山5日9R九十九里特別の予想

1000万下の芝2500mにスズカヴァンガードが取り消して11頭立て。ふと思ったんだけど、次の10レースも同じ1000万条件(ダート1800mの茨城新聞杯)なのにこっちが先なのは、九十九里なのでせっかくだから9に合わせようということなのかな……。 このレースは、昨…

4回阪神5日10R夕月特別の予想

1000万下芝1800m戦。前年までの勝者を見ると、アスカビレン、シャトーブランシュ、スマートレイアーといった後のオープン馬が続々とここをきっかけに飛躍し、重賞を勝った馬も複数いる。しかもみんな牝馬だ。すごい……と思ったら牝馬限定戦だった。 今年はこ…

4回阪神5日12Rの予想

明日の阪神最終レースは500万下芝2000mに16頭立て。 注目は、2番の3歳馬エルプシャフト。父ディープインパクト母ビワハイジ、すなわちブエナビスタの半弟でトーセンレーヴとジョワドヴィーヴルの全弟という良血。初戦は経験馬を相手に同じ阪神芝2000mを中団…

第62回産経賞オールカマーの予想(枠順決定前)

今週は神戸新聞杯とオールカマーが予定されている。オールカマーの思い出は特にないな。 今回は登録が12頭と手頃な頭数になった。馬券を的中させた馬がわりと出ているので、ちょっと悩む。馬券を買うということは、その時点で実力を見込んだ馬であることには…

臨戦過程の話

競馬予想のファクターとして臨戦過程ってけっこう大事なんだな、と思い知らされたのが今年の桜花賞。それまでは、どのステップレースを使うかということより、前のレースでどういうパフォーマンスを見せたかのほうが大事だろうと思っていた。しかし、絶対の…

第70回朝日杯セントライト記念の反省

ディープインパクト産駒が苦手とする中山……でもふたを開けてみれば3着までディープの仔が独占した。ゼーヴィントとプロディガルサンは思った以上に強かった。フジテレビの中継を見て、プロディガルサンが走りそうな雰囲気だったので、当初の予定を変更してデ…

第70回朝日杯セントライト記念の予想

セントライト記念って「朝日杯」という冠がついていたんだね……ついさっき知ったところ。 皐月賞馬ディーマジェスティが1番人気。皐月賞は多分に恵まれた部分があったにせよ、ダービー(3着)での走りも考えると、この世代で屈指の実力を持つことは疑いないと…

4回中山3日9R白井特別の反省

「何か罠があるのかな」と書いたが、やはりアップクォークが2馬身ほど出遅れる罠……最後それなりの脚は見せたが4着どまり。勝ったのはトミケンスラーヴァ、4月の中山での鹿野山特別2着以来の激走。普通はペースが上がる2ハロン目が12秒2と極端に遅くて、前半3…

4回中山3日9R白井特別の予想

京成杯オータムハンデのペイシャフェリスは0秒6差の7着。まずまずだけど粘り切るまではいかなかった。 さて、今日の勝負レースは表題の1000万下芝1800mのハンデ戦。現級勝ちの経験があるのは4番ショウナンマルシェ(セン5歳55kg)だけ。層の厚い3歳馬も5番ア…

京成杯オータムハンデの予想

サマーマイルシリーズの最終戦らしいが、そういうイメージは全然持っていなくて、思い出すのは京王杯オータムハンデだった時代、マティリアルの最後のレースになった1戦。追い込みのイメージが強かった同馬が、アドバンスモアの逃げを好位(2番手だったかな…

4回阪神・4回中山1日の反省

阪神8Rの500万下で勝ったのはスワーヴアーサー。堂々たる勝ちっぷりだった。1番人気に推されたショウボートは位置取り悪く、追い上げ及ばず4着。ウォーターシャウトも追い上げては来たが7着。大外れ。……でも、先週の『真田丸』の録画を見ていて馬券を買うの…

4回中山1日8Rの予想

500万下の芝1800mに15頭。 2勝馬が5頭いる。そのうち有力なのは7番スターファセットと15番ナイアガラモンローだろう。 スターファセットは1000万下でも2着1回3着2回と好走歴があり、降級したここ3走はいずれも1番人気に推されたが、4着、3着、5着と今ひとつ…

4回阪神1日9R野分特別の予想

1000万下の芝1800mに8頭立て。 3歳の5番ノガロがおそらく1番人気になるだろう。3歳限定の500万下を勝って古馬も混じる昇級戦の古町特別で3着。このクラスを勝つだけの力はあるはず。もっとも、そのレースで上位4頭はすべて3歳馬だったのだが……。 3勝している…

4回阪神1日8Rの予想

秋競馬初日の阪神平場500万下、芝2000mに16頭。 頭数は多いが、未勝利馬やこのクラスで大敗続きの馬も多く、馬券の対象になりそうなのは全部で6頭ぐらいだろう。 2勝馬は16番のショウボートただ1頭。1000万下で5戦して2着1回、着外は1回だけという堅実な走り…

レース体系の話

競馬新聞優馬のサイトで時々TMアンケートというのをやっていて、読者もコメントをつけることができてなかなかおもしろい意見が読めることがある。少し前の記事だが、『新設 or 復活してほしいレースは?』という話題は、レース体系がどうあるべきかという大…

9月4日の競馬の反省

しゃれで買った両津湾特別だけが的中し、まじめに検討した丹頂ステークスも新潟記念も外れ。つらい……。 丹頂ステークスのほうは、勝ったヤマカツライデンのことをしっかり評価できていなかった見る目のなさを反省せざるを得ない。前走より人気を落としたタマ…

新潟記念の予想

去年はマイネルミラノの単複を持っていて、最後デムーロに差されたときは脱力した。複勝もけっこうついたけど。どういう根拠でこの馬券にしたのか覚えていないのは残念。今年はすっきり当てたいものだ。 でも、どの馬にもチャンスがありそうだし有力馬もそれ…

ニュースにちなんだ馬券のヒント

昨日は「こち亀」こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載終了が大きな話題になりました。このニュースを見て、私ピンと来ましたね。これに関連するレースが今日組まれているに違いないと。 そうしたら、やはりありました。2回新潟12日9R両津湾特別とい…

2回札幌6日11R丹頂ステークスの予想

日曜の札幌メインは芝2600mのオープン特別、ハンデ戦。13頭立て。 ハンデ戦ではハンデから実力を測ることにしている。 8月6日の札幌日経オープンが別定ながら同条件で、そこに出ていた馬が5頭いる。当時3着のジャングルクルーズと6着のタマモベストプレイが…

2回新潟11日の反省

ワイドの軸として買えば4着、単勝を買えばハナ差の2着……。常にこういうものだけど。 弥彦特別は、前走中京で追い込んで惜敗していた3番人気トーセンデュークが完勝。ヒモには入れてたけどね……。期待したロッカフェスタはいい感じで先行しているように見えた…

2回新潟11日11R長岡ステークスの予想

新潟メインは準オープン芝1600mで9頭立てになった。 実績では9番ネオスターダムが断然だろう。500万下から3連勝で久々の重賞挑戦になった前走マイラーズカップで2番人気に推され、15頭立ての13着と大敗しているが、流れには乗れていたし、直線入り口で前がふ…

2回新潟11日10R弥彦特別の予想

土曜の新潟の準メインは1000万下芝1800mに14頭立て。半分の7頭が3勝馬だが、いずれも3勝のうち2勝を挙げたのが500万下でのもので、現級で勝った経験のある馬はいない。古馬はやや小粒なメンバーと言えそう。 8番のロッカフェスタが8月7日の新潟同条件で行わ…

ウィナーズサークル死す

平成元年のダービー馬、ウィナーズサークルが死んだというニュースを見てまず驚いたのは、まだ生きていたという事実にだった。30歳だから大往生だろう。 あの時のダービーは現地で見ていて、大外から3着に突っ込んできたサーペンアップの脚に驚いたものだっ…

2回新潟10日9R五頭連峰特別の反省

勝ったのはチャンピオンルパンだった。勝ち時計は1分33秒0で一昨年ダンスアミーガが勝ったときと同じ。2回新潟10日9R五頭連峰特別の予想 - 忙しい日々で期待したピンストライプは3番手追走から早めに先頭に立ち、粘り込んでほしかったが勝ち馬に楽々と差し切…

2回新潟10日9R五頭連峰特別の予想

まずは先週の反省から。2回新潟8日10R阿賀野川特別の予想 - 忙しい日々で穴に推したウインスペクトルは逃げず、12着に終わった。本命サイドで名前を挙げた1番人気トーセンバジルが勝利。単勝290円だった。結果的には思ったより人気は割れなかったが、混戦の…

2回新潟8日10R阿賀野川特別の予想

1000万下の芝2200m戦に15頭。2歳または3歳のオープン特別を含む現級勝ち以上の実績がある馬が5頭いて、1年数か月ぶりになる実力馬も数頭、それ以外にも現級で入着があったり前走で勝って好調を維持しているっぽい馬が多く、ほとんどすべての馬にチャンスがあ…

先週の反省

先週土曜日の勝負レースと考えていた三面川特別は、懸念した通り実力上位の2頭では決まらず、1着ワーキングプライド、3着バンゴールで馬単は外れ。2着に入ったのがノーマークだった9番人気のアースプレイで、押さえていた3連複も外れ。 小倉の宮崎特別は、予…

2回小倉5日10R宮崎特別の予想

1000万下の芝2000mに10頭立て。こんな名前のレースあったっけ、と思ったら、昨年は芝1200mで、それまではダート1700m戦だったようだ。同じ名前のレースで条件をコロコロ変えられるとイメージが混乱して予想にも悪い影響があると思う(それは言い過ぎ? ある…

2回新潟5日10R三面川特別の予想

1000万下の牝馬限定芝1800m戦。「みおもてがわ」という読み方を知ったのはこのレース名からだった。一昨年はマリアライトが出走して3着。そのとき勝ったフレイムコードはそのうち重賞も勝てるんじゃないかと思ったけど、翌年の夏に1600万で穴をあけたぐらい。…

昭和64年/平成元年1月の中央競馬

今日の玉音放送は視聴してないけど、崩御前後の自粛ムードについて国民の経済生活を心配するような言及が陛下からなされたと伝え聞く。今の40代から上の年代は、昭和から平成にかけての空気はよく覚えているだろう。当時はまさにバブル期で、多少の自粛も景…

小倉記念の反省

単勝を買ったダコールは直線入ったところで外にふくれるマーティンボロに進路を邪魔されて伸び切れず4着。ただ、4コーナーを回るとき小牧はかなり左鞭を入れてて、最初からマーティンボロの内を狙っているように見えたのに、わざわざそこから外を目指すとい…