悔いのない馬券を

競馬予想の思考過程の備忘録として

8月19日・20日の馬券の反省

今週は全部外れ……。 2回札幌1日11R札幌日刊スポーツ杯 土曜の札幌メインは1000万下の芝2600mハンデ戦。 現級勝ちがあり札幌も1勝、3着1回と得意にしているウインヴォラーレが中心だろうということで、ワイドを3歳馬に流す。相手はロードアルバータとマイネル…

第53回札幌記念の予想

近年の札幌記念のラップタイムを見て気づくのは、前半に比べて後半の時計がかかる、いわゆる前傾ラップになった年が多いことだ。2012年は前後半がほぼ同じだったが、函館での開催になった2013年からずっと、3ハロンで比べても4ハロンで比べても前半が1秒以上…

2回新潟8日10R阿賀野川特別の予想

小倉と同様に12頭立てと少頭数になった新潟1000万下の芝2200m戦。現級勝ちがあるのがネイチャーレットとショパンの2頭のみ。 ショパンとポポカテペトルは人気先行なので除外して考えれば、上のクラスでも好走経験のある6番ネイチャーレットか、現級で2着・3…

2回小倉8日10R西部スポニチ賞の予想

1000万下の芝1800m定量戦。11頭立てと少ないのにダート馬も複数いて、現級で勝った経験があるのが3頭だけという低調なメンバー。この顔ぶれなら、ここ2戦で足踏みを続けているタニノアーバンシーも勝てるだろう。 相手は9番グラットシエル。2勝目のあやめ賞…

8月13日の馬券の反省

今日は2レースのみ、HTB賞と関屋記念の勝馬投票券を購入。 HTB賞 「保険としてラヴィエベールからタンタグローリアへの馬単を押さえる」と書いたが、それは買わず、タンタグローリアの単勝と1・2着固定での3連単を購入。 ただ、前走での勝ち方はタイムこそよ…

1回札幌6日10RHTB賞の予想

この土日の中央競馬で1000万条件芝のレースは5鞍組まれていて、その中で一番簡単そうなのがこのレース。2000mに10頭立て。なお土曜の3鞍はどれも難しそうだったので予想自体を見送った。 6戦3勝2着3回と、まだ連対を外したことのない降級馬ラヴィエベールが…

8月5日・6日の馬券の反省

今週は収支プラスで終わることができた。馬券は買ってなかったけど、レパードステークスの勝ち馬ローズプリンスダムは4代母がミスタイモアだった。ノーモアスピーディやベストタイアップなどの母。この系統は社台ファームを離れているんだね(ローズプリンス…

1回札幌4日12R藻岩山特別の予想

日曜の札幌12Rは1000万下の芝1800mのハンデ戦。12頭。 昇級馬が5頭いる。そのうちのナイトオブナイツだけが負担重量56kgで、ほかはいずれも52kgとなっている。 基本的には500万下からの昇級馬は4歳牡馬なら54kgで、3歳と牝馬は2kg減というハンデになるはず。…

第53回農林水産省賞典小倉記念の予想

サマー2000シリーズ第3戦。過去5年の記録を見ると、勝ち時計もペースも上位馬の臨戦過程もけっこうバラバラで、傾向がつかみにくい。 どちらかというとハイペースになる年が多いだろうか。しかし今年は13頭と少ないし、どうしても逃げたい馬もいないようなの…

2回新潟3日10R信濃川特別の予想

土曜の新潟10Rは1000万下の芝2000mのハンデ戦で14頭立て。 半数が前走で500万下を勝っての昇級戦で、現級勝ちのある馬がいないという興味深い顔ぶれがそろった。 有望なのは1番ブラックプラチナムと5番キセキか。 キセキは前走の中京で最後方から豪快に差し…

7月29日・30日の馬券の反省

この土日は全部で6レースの勝馬投票券を購入した。 2回新潟1日10R古町特別 1000万下の芝1600mに12頭。ストーミーシーの単複のみ。両方的中(単勝440円、複勝160円)。 ストーミーシーは1勝馬で重賞2着があるのでこのクラスにいるが、この先どれほどの勝ち星…

第65回北海道新聞杯クイーンステークスの予想

ここ5年の当レースのラップを見ると、大きな特徴があることに気づく。2ハロン目と3ハロン目の差が小さいことだ。 昨年の場合は11.6 - 12.4で実は当てはまらないが、2015年11.6 - 11.6, 2014年11.3 - 11.5, 2013年(函館開催)11.5 - 11.6, 2012年11.4 - 12.1…

7月22日と7月23日の馬券の反省

3回中京・2回福島・2回函館の最終週だった。 3回中京7日10R長久手特別 勝ったのはワントゥワンのほう。ペースは緩かったが最後方から内ラチ沿いを進み、4コーナーでは先頭集団の直後ぐらいの位置に。今思えばこれが中京記念の試走だったのかもしれない。 レ…

第65回トヨタ賞中京記念の予想

中京記念ってもう65回目なのか。その割には条件がコロコロ変わるので位置付けがわからない。 荒れるレースということになっているが、要するに位置付けがよくわからないサマーマイルの1戦なのでいろんなタイプの馬が出てくるということだろう。今年もダービ…

2回函館6日10R松前特別の予想

日曜日の函館準メイン、1000万下の芝2000mに10頭。 前走で500万下を勝っている昇級組が4頭いて、同じ1000万下の洞爺湖特別から中2週で臨んでいる馬が4頭いる。どの馬にもチャンスがありそうで興味深い顔ぶれになった。 昇級組の中では、ディアデラノビアの仔…

3回中京7日・2回福島7日の馬券

土曜日に買う馬券の記録。 3回中京7日10R長久手特別 1000万下の芝1600mに14頭。 人気はミルコ・デムーロ騎乗の4歳牝馬11番ワントゥワンと、福永騎乗の4歳牡馬8番レオナルド。 ワントゥワンは現級勝ちがあるし、中京でも2戦して1勝、2着1回。マイナス材料は、…

7月15日・7月16日の馬券の反省

3回中京5日8R 500万下の芝2000mに13頭立て。福永騎乗の3歳馬キセキが単勝1倍台の圧倒的人気。馬単で広く流して薄めに抜けるのを期待しようかと思ったが、穴馬を自分で選ぶことにした。前走でダートから芝に転戦して好走したスターペスカンタとスズカディープ…

2回福島5日10R信夫山特別の予想

1000万下福島の芝2600mのハンデ戦に10頭。このクラスですでに頭打ち感のあるメンバーがそろった。 1600万下でも走った経験があるのは7番マシェリガールと10番ネイチャーレットの2頭。前者は2歳時にオープン特別を勝ってしまったためにそのクラスを走らざるを…

第53回農林水産省賞典函館記念の予想

巴賞の予想のときにラッキーゲランのことを書いたが、1年前の函館記念のときも同じことを書いていた……。 「今週の函館のメインは何じゃ」 「巴賞よ」 「わしが若い頃にラッキーゲランというあんまりラッキーじゃなかった馬がおってな……」 「阪神3歳ステーク…

七夕賞の反省

昨日の予想通り、マルターズアポジーを思うように逃げさせない鉄砲玉役をフェイマスエンドが買って出た。JRA発表のラップタイムは 12.0 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 11.9 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.9 となっていて、やはりこのペースで逃げてはマルター…

第53回七夕賞の予想

夏の荒れるハンデ重賞。しかし今年は少なくとも展開面での予想はしやすいと思う。強い逃げ馬マルターズアポジーがいるからだ。 マルターズアポジーが強い勝ち方をしたのは、2月の小倉大賞典だろう。ハロンごとのラップは12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - …

2回福島2日・2回中京2日・1回函館6日の反省

久しぶりに馬券全滅だった……。 巴賞はサトノアレスが単勝1.5倍の圧倒的な支持に応えて……クビ差の辛勝。まあ足をすくわれそうな感じには見えなかった。 2着にアングライフェン。3着は狙ったマイネルディーンではなく最低人気のナリタハリケーン。 7着に終わっ…

1回函館6日11R巴賞の予想

函館記念との連動が薄れ、今ひとつ存在意義がわからないレースになってしまっている函館の芝1800mオープン特別。 G1馬が出走するのは、1990年のラッキーゲラン以来だそうだ。好きだったなあラッキーゲラン。栗毛のすっきりした馬体のグッドルッキングホース…

第53回CBC賞の予想

中京の芝1200mで行われるサマースプリントシリーズのハンデ戦。例によってJRA公式サイトのデータ分析を見ると、“過去4年の優勝馬には「5走前までに1400m戦で2、3着に入っていた」という共通点がある”というところがポイントのようだ。勝っていてはいけないの…

第66回ラジオNIKKEI賞の予想(火曜版)

明日は大井で帝王賞という大きいレースがあるが、基本的にはJRAの芝の重賞を中心に見ていくことにしたので考えない。 さて、福島の芝1800mの3歳重賞。今の名称より「ラジオたんぱ賞」のほうがなじみがあって、ハンデ戦だというのにもかなり違和感を持ってい…

宝塚記念の反省

1着サトノクラウン、2着ゴールドアクター、3着ミッキークイーン。結局条件の合った馬4頭で決まった。大本命だけがいない。この4頭の3連単をボックス買い(24通り)していれば70,420円が的中していたのか。 キタサンブラックの敗因はわからないが、レコードで…

第58回宝塚記念の予想(前日版)

ここ10年の連対馬の条件に当てはまるのが4頭いて、キタサンブラック以外の3頭はどれもピンと来ない気がしていた。 特に、ゴールドアクターは強調材料が見当たらないと書いた。 しかし、3走前の有馬記念であわや1着かという場面を見せたのがわずか半年前だ。 …

第58回宝塚記念の予想(月曜版)

宝塚記念というと、超一流と呼ぶには足りない馬が初めてG1を勝つために用意されたレースという印象がある。 ススパレード、オサイチジョージ、メジロライアン……。 近年ではアーネストリーとかラブリーデイとか。 しかし、超一流馬が勝負付けの済んだ馬たちを…

まとめて反省

先週と今週の馬券の反省をまとめて。 3回東京3日9R江の島特別 自信満々に推したロードリベラルは何としんがり負け。道中ちょっと首の高い窮屈そうな走り方だったが原因は何だろう。休み明けなのにマイナス6kgで馬体重416kgという馬格のなさは、成長力のなさ…

第34回エプソムカップの予想

エプソムカップは宝塚記念と同日に行われるイメージがあったが、いつの間にか1週ずれていた。 1800mという距離はとらえづらくて、マイラーが参戦してクラレントのように勝ったりする例もあるし、純然たる中距離馬が順当に勝ったりもする。どちらかというと中…