悔いのない馬券を

競馬予想の思考過程の備忘録として

8月19日・20日の馬券の反省

今週は全部外れ……。

2回札幌1日11R札幌日刊スポーツ杯

土曜の札幌メインは1000万下の芝2600mハンデ戦。 現級勝ちがあり札幌も1勝、3着1回と得意にしているウインヴォラーレが中心だろうということで、ワイドを3歳馬に流す。相手はロードアルバータマイネルヴンシュ。特に後者はその前の北辰特別でのしぶとい末脚に見所があった。アドマイヤウイナーは人気だったが青葉賞3着は案外だらしない印象だったので外した。

しかし勝ったのは前走函館で2着に入っていた蛯名のリッジマン。ウインヴォラーレ2着、アドマイヤウイナー3着。マイネルヴンシュは5着、ロードアルバータは8着に終わった。リッジマンも考えたけど絞りすぎたな。

西部スポニチ

勝ったのはタニノアーバンシー。2番手から運んだが、グラットシエルが早めにかぶせてきて苦しい展開に見えた。しかし実力の差で振り切った。期待したグラットシエルは早めに仕掛けたのがたたって、武ポツンから追い込んだイモータルに交わされてしまった。もっとズルズル後退しそうで3着に残したのは立派。ここで書いた通り馬連とワイドを買っていればワイドは当たっていたのに。あとタニノアーバンシーの単勝は2.4倍ついたので買っておくべきだった。

阿賀野川特別

注文通りキークラッカーがいいペースで逃げたように見えたが、一番遅いのが5ハロン目で12秒4というのは、逃げ馬にはちょっと苦しかったか。本当は3ハロン目でそれぐらい落としたかったところだろうが、そこは11秒9だった。4着。人気先行で嫌ったポポカテペトルが早めに抜け出して突き抜けた。カレンラストショーはそれに追いすがるも追いつけず2着。

札幌記念

ロードヴァンドールの逃げは平均ペースで、前半3ハロン35秒4,4ハロン48秒4に対して、後半3ハロン35秒7,4ハロン47秒6という配分。ここ4年とは違ってやや後傾ラップになった。ロードヴァンドールが0秒4差の6着に残ったのに対し、2番手のマイネルミラノはしんがりに沈んだ。タマモベストプレイは先行したが前走で見せたしぶとさを発揮する場面もなく、4コーナー手前から激しく手が動く始末。

位置どりから見てヤマカツエース勝利は間違いないと思っていたが、内枠から脚を溜めていたサクラアンプルールの勢いが勝っていた。ナリタハリケーンが突っ込んできて、早仕掛けの蛯名を捉えそうだったがクビ差しのいでいた。

サクラアンプルールを買うには、中山1800mや2000mでの良績に今回の条件との共通点を読み取る必要があった。そしてそれはそんなに難しいことではないはずだったが……。

キングカメハメハ産駒が上位3頭を占めた。ここ5年ではヒットザターゲットだけだったので自分は軽視してしまったが、万能の種牡馬だな。

第53回札幌記念の予想

近年の札幌記念のラップタイムを見て気づくのは、前半に比べて後半の時計がかかる、いわゆる前傾ラップになった年が多いことだ。2012年は前後半がほぼ同じだったが、函館での開催になった2013年からずっと、3ハロンで比べても4ハロンで比べても前半が1秒以上速い。それでも差し馬の天下というわけではなく、2014年こそハープスター1着・ゴールドシップ2着で後ろから来た同士で決着したが、2013年のトウケイヘイローと2016年のネオリアリズムは逃げ切り、2015年のディサイファも先行。スタミナ、底力といった要素を持つ先行馬が上位に来ていると解釈できる。

その観点から狙ってみたいのがタマモベストプレイ。前走の函館記念が人気薄での激走だったので、二番はないと思われているだろうが、最後の粘りはなかなかのものだった。ハイペースの消耗戦では長距離戦で培ったスタミナが前走以上に生きるだろう。JRA公式サイトのデータ分析で指摘されている条件、“過去10回の札幌記念では、「5走前までにローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)のGIIIで3着以内に入っていた」という経験を持つ馬が毎回1頭連対している”にも合致している。札幌では6戦して3着以上が4回あり、コース適性も十分。複勝

強いのはヤマカツエースサウンズオブアースだと思うので、タマモベストプレイを含めた3頭のボックスでワイドも買っておこう。

2回新潟8日10R阿賀野川特別の予想

小倉と同様に12頭立てと少頭数になった新潟1000万下の芝2200m戦。現級勝ちがあるのがネイチャーレットとショパンの2頭のみ。

ショパンとポポカテペトルは人気先行なので除外して考えれば、上のクラスでも好走経験のある6番ネイチャーレットか、現級で2着・3着・2着と安定して好成績を挙げている9番カレンラストショーのチャンスだろう。 ネイチャーレットは前走で間隔が空いたのにマイナス14キロで出てきたのが気になる。 カレンラストショーは、新潟でも2着2回で苦手というわけでもないだろう。

前走人気薄でまんまと逃げ切って昇級した5番キークラッカーは今回も同型不在だし、もう一丁いけると思う。500万下を脱出するのに意外に時間がかかったが、全3勝のすべてが新潟でのもので、2勝目を挙げた時のタイムが優秀だった。5番の複勝と、5-9のワイド。

2回小倉8日10R西部スポニチ賞の予想

1000万下の芝1800m定量戦。11頭立てと少ないのにダート馬も複数いて、現級で勝った経験があるのが3頭だけという低調なメンバー。この顔ぶれなら、ここ2戦で足踏みを続けているタニノアーバンシーも勝てるだろう。

相手は9番グラットシエル。2勝目のあやめ賞の勝ち方が印象的で、直線でソーグリッタリングにいったん引き離されながら追いついて差し切ったレースぶりはよかった。

1勝馬イモータルも前走で勝負がついてからの伸び脚はよかったが、ああいった脚がいつも使えるわけでもなく、折り合いの不安は常についてまわるので今回も買わない。9-10の馬連とワイド。オッズ次第でタニノアーバンシーの単勝も。

8月13日の馬券の反省

今日は2レースのみ、HTB賞と関屋記念勝馬投票券を購入。

HTB

「保険としてラヴィエベールからタンタグローリアへの馬単を押さえる」と書いたが、それは買わず、タンタグローリアの単勝と1・2着固定での3連単を購入。

ただ、前走での勝ち方はタイムこそよかったけれどペースも遅かったし、そんなに圧倒的な強さを見せたとは言い難かったこともあって、あまり自信はなかった(楽勝ではあったけれども、圧倒的な強さを見せる勝ち方というのはまた別の形で存在すると思う)。

前走のように前目につけて流れに乗れていればよかったのだろうけど、なぜか前に行かず1000mあたりでは最後方まで下がるという妙に消極的な乗り方で、直線でそこそこの伸びは見せたけど4着まで。下位条件戦の勝ち時計が近い日の上位条件戦の勝ち時計を上回る場合は無条件に買うという作戦が今回は外れたが、経験的にはうまくいく場合が多いので、今日のところは仕方がないだろう。ただ、3連勝の難しさを考慮して避けるという手もあったわけで、どっちを優先するか。結局はオッズとにらめっこになってしまうのかもしれない。

勝ったのはオークス4着のディアドラ。この戦績はちょっと微妙だけど、今日の勝利で少なくともオークスでの9番人気というのは過小評価だったことは証明されたか。

関屋記念

買ったのはダノンリバティの単複と、ヤングマンパワー複勝、そしてこの両頭のワイド。

マルターズアポジーが逃げ、ウインガニオンが2番手から粘り込むという結果。ダノンリバティも好位からジリジリと伸びて3着を確保。ペースは緩いように見えたが、遅かったのは最初の1ハロンと3ハロン目ぐらいで、かなり厳しいペースだったのだろう。マルターズアポジーは1600mではどうかと思ったが、こなしていた。出遅れたダノンプラチナが最終的にはロードクエストに先着していたのが印象的。

逃げ馬を買うタイミングというのはやっぱり難しいな。

1回札幌6日10RHTB賞の予想

この土日の中央競馬で1000万条件芝のレースは5鞍組まれていて、その中で一番簡単そうなのがこのレース。2000mに10頭立て。なお土曜の3鞍はどれも難しそうだったので予想自体を見送った。

6戦3勝2着3回と、まだ連対を外したことのない降級馬ラヴィエベールが強いのは自明。懸念は半年の休み明けがどう影響するかという点だけだろう。

他に注目すべきは、3歳牝馬のタンタグローリア。タンタアレグリアの妹だ。400kgあるかないかぐらいの体重しかない小柄な馬。4戦2勝、6着2回という戦績。 2勝は函館での近2走で、どちらも楽勝。もしここを勝てば3連勝ということになる。 7月8日の未勝利戦の勝ち時計は1分47秒0で、これは翌日の1000万下かもめ島特別のポールヴァンドルをはじめとする他のすべての2回函館の芝1800m戦を上回っていた。時計の極端に速い週があった1回函館を含めても19レース中の5番目に位置する。続く500万条件は2000mだったが、そこでもその前の週の函館記念(ルミナスウォリアー2分1秒2)も翌日の1000万下松前特別バルデス2分1秒6も上回る2分0秒5という2回函館の一番時計を叩き出している。そこで負かしたタガノアスワドも次走ですぐに勝ち上がっているようにレベルは高かったはず。この2戦とも鞍上が岩田だったので、馬の能力を極限まで引き出してしまって今回はお釣りがないという可能性がなきにしもあらずだが、かなりのスケールの持ち主であることは間違いない。

1着にタンタグローリア、2着にラヴィエベール、3着を総流しという3連単でどうだろう。保険として単勝のほか、馬単でラヴィからタンタグローリアを押さえておけば完璧では。

8月5日・6日の馬券の反省

今週は収支プラスで終わることができた。馬券は買ってなかったけど、レパードステークスの勝ち馬ローズプリンスダムは4代母がミスタイモアだった。ノーモアスピーディベストタイアップなどの母。この系統は社台ファームを離れているんだね(ローズプリンスダムの生産者はユートピア牧場)。ベストタイアップ好きだったなあ。

信濃川特別

キセキが後方待機から直線も持ったままで抜け出して完勝。 勝ち時計1分56秒9は先週の準オープン佐渡ステークスのロッカフラベイビー1分58秒1を上回る。次も好走できるだろう。

予想の通りだったので、単勝馬単馬連・3連複(3点流し)が的中。結果的には1番人気・2番人気・3番人気の順で決まったので、配当は安かったけどね……。

小倉記念

バンドワゴンが最初の直線半ばぐらいで先頭に立ち、ヴォージュが続く。ハロン12秒台が3回しか出現せず、それも最初の12秒3が一番遅いという締まったレースになった。サンマルティンが抜け出して勝ったと思ったら、タツゴウゲキが内をすくって差し切った。勝ち時計は1分57秒6で、近年では2013年・2012年に次いで速い。勝ち馬は過剰人気だと思っていたけど、最近は案外こういう穴人気的な存在が勝つケースも目立つ。

ストロングタイタンはいいところがなかった。ヴォージュは勝ちパターンに見えたが、後続に早めに来られたので苦しかったか。使い過ぎで前走の段階ですでに調子落ちだったという説も見かけた。そういう感じもする。そしてフェルメッツァが好位からバテずに流れ込み3着。やっぱりこっちだったか。「人気とのバランス」とか考えていてはダメだな。

藻岩山特別

割とゆるいペースをナイトオブナイツは中団から。3コーナーあたりから徐々に進出して、4コーナーを回ったところで勝利を確信する強い勝ち方。勝ち時計は1分47秒2と平凡なので、次もすぐ勝つのはちょっと難しいかもしれない。単勝のオッズは最終的に2.2倍まで下がっていた。